FC2ブログ

【CHOCHOひかりかた流☆2012 PART4】

2012/02/10 11:23
こんにちは! 担当編集まさ女です。
皆さん、寝ている間にどのくらい夢をみますか?

今回は、何人かの方から「蝶々さんが夢に出てくることについて知りたい!」
という質問がきていたので、その内のお一人を取り上げさせていただきつつ
夢について、解説いただきます!

Q4
阪のセミナー(2011年夏)に行こうとしていたのですが、事情が重なり断念しました。
そして、大阪のセミナーが開催される数日前に、蝶々さんが夢に出てきました。
その時の蝶々さんは真っ赤なドレスを着て椅子に座っていらっしゃいました。
「わぁ~、蝶々さんキレイ」と感動していたら、蝶々さんが私に何かをおっしゃっていました。
最初何をおっしゃっているのかよく分からなくて、よく蝶々さんの話を聞こうとしていたら、蝶々さんは日本語じゃない(もしかして宇宙語??)を話していらっしゃいました。
そこで、よく言葉が通じないと蝶々さんに伝えたら、蝶々さんは筆で「篠笥」と書いていました。
そして、その文字を蝶々さんが一生懸命「これよこれ、アナタこれよ」という感じでその文字を指していらっしゃいました。
それをみて私は「そうかぁ、その文字を覚えなきゃ」と思い覚えたら、突然目が覚めました。
目を覚ました後、「あぁ、調べなくちゃ」と思い、その文字を調べようとしました。
でも、その漢字の読み方が分からなくて、どうしようと思ったら、急に「ササキ」と頭の中でその言葉が響きました。そしてなんとなく「蝶々さん、神社のことをおっしゃっていたんだ」と、急にピンときたので神社で検索したら、みごとヒット。『篠笥神社』という神社が三重県あたりに存在しました。
夢から覚めて、1分もしないで発見できました。
親戚にササキさんがいるのか親に尋ねたところ、いないとのことでした。

なんだか不思議なことが起きたなぁと思いました。
これも何かのサインなのでしょうか。
蝶々さんが赤いドレスを着てニコニコしながら、日本語ではない言葉で話していたのがとても印象深かったです。」



蝶々A4
「<蝶々が夢に出てくる!>。
――これは、読者の方々のみならず、プライベートの知人友人たちにも、特に2,3年前から、非常によくご報告いただくお話です。

みなさん不思議に思ってらっしゃるようで、出版社経由などでいつもいただくファンレターやブログのコメントでのご報告はもちろん、イベントでのQ&Aでもご質問いただき、2回ほどお答えさせていただいたような。

中でも、今回のご質問者のように、<神社×蝶々>編は、とても多いみたいですね☆
夢の中で参拝に出かけたら、白い布の奥から私が出てきて、にっこり微笑みかけた・・・とか。神社の奥で白い服きて寝てた(笑)とか

他は・・・
(夢でギュッとハグしてくれた!)
(山道で、方向はこっちだよ、と手招きした)
(おうちにきて、お茶飲みながらうざいほど熱く語りいれて、悪い人がきたら、どっかに飛んで消えちゃった!)
――などなど。
とまあ、皆様よりご報告いただくことの多いシチュエーションを、いくつかあげさせていただきましたが。

そんなご報告があまりにも日常化してきたため、この1~2年の間に、この件について何人かの方々に私もたずねてみたんですよ。(みなさんの夢に出まくりらしき私、どう思う?)って。

1・顧問神主さんの答え
『ああ、蝶々さんは働き者ですからね。寝ている間もみなさんのところに。“分霊出張させてる”って、十分ありえますよね』

(・・・真顔かよ!)
2・母親の答え 
『そ・れ・は、ファンだからじゃないの?私だって若いころは熱心なサユリストで、吉永小百合ちゃんの夢よくみてたもーん♡』

(で、娘のは見ないらしいです笑)
3・BFの答え
『僕だって定期的にみるよ。もう本物そのもので、あれ現実だったっけ、と時々錯覚するほど。つながってるからだね!』

(かもねー)

4・イタリアン友人の答え
『夢じゃなくても、あなたはよく心にやってくるの。ずっとずっと知ってる気がするの』

(これは、国内のみならず、外国人の方々にも、すごーくよく言われます)

―――なるほど、全部一理あるよね~と今でも思ってますが、あなたの場合は、大阪イベントに急に参加できなくなったぶん、“ううー・行きたかった見たかった”という心残りかひっかかりがどこかにあり、その無意識が、強烈に私のイメージを呼んだのかもしれませんよね☆

はたまた、いつのまにか私、<宇宙意志&神さまのキャンギャル>みたいなものになっていて(?)、どなたでも、この意識×波動エリアにアクセスしたり呼んでくれさえすれば、いつでもどこでも出張しまっせ☆ってことかもしれません。
―これ、神主さん以上に真顔で書いてますが(笑)。

でも冗談ではなく、こうして白昼堂々あっけらかんと言えるくらい、そう納得せざるをえない体験がもう何年も続き、すでに日常化しちゃってますからね。そのへんはまた次のご本でつっこめれば。

いちおう再確認いただきたいのは、
あなたの夢の<ささき神社>の名前やキーワードのように、固有名詞や細かい指示を、私が口走ったりお教えした場合・・・それは、私からのお告げ(笑)とかでは決してないということです。
天からだったり神さま経由で、あなたの潜在意識がピックアップしたものを、夢の私を借りて、言わせている、という仕組みだと思うんですよ。

つまり、夢のメッセージさえも、自分次第なんですよねー、いやほんと。
ほら、誰にでも、悪夢をみて汗びっしょり!ということがあるでしょう?
そういう時って、単純にふとんかけすぎで圧迫されてた(笑)って時もありますが、
だいたいは、自分自身が疲れきってたり、心暗く落としてたりして。。。知らず知らずのうちに、チューニング・アンテナが、低くなっているんですよ。

それと同じように、自分の“いいコンディション”や“波動を高めた状態”を、うまくキープすることができるようになると、夢においても、精度が高かったり、有意義な情報をキャッチしやすくなるわけなんです。
そういう意味では、<蝶々ひらひら夢>も、ご自身の状態バロメーターになるのかも


①<蝶々が明るいかんじで>OR<蝶々がしくしく泣いて・怒って>なのか
②<起きたあと、ハッピーだったか><ドキッとしたのか><安心したのか>
くらい、ざっくりですが。
解釈も、『ラッキー♪』とか『何かの警告かな?』とか『いかんちょい落ちてた!』『私、一人じゃないんだな!』とか。。そんなかんじでいいような気がします。

それはさておき、<蝶々ひらひら夢?>。
いったん回路がつながると、行き来がしやすくなるのか、見られる方は、本当に何度も見られているのも事実みたい(担当のまさ女さんからも、聞いたことあるかも…)

これを読んでる他のみなさまの夢にも、そのうち私、遊びにいっちゃうかもしれませんね。。
そのときは、お茶とお茶菓子、または紅茶とクッキーでも出して、やさしくもてなしてくださいまし☆(お花とお酒もだ・い・す・き)。」



確かに蝶々さん、時折夢にでてきますねー。
先日は「上司をもっと気遣ったほうがいいんじゃない?」と言ってて
実行してみましたが(笑)
自分の深層意識からの指令にしても
いいな、とかオヤ?と思ったことは実行してみるといいのではないでしょうか。
さて、いよいよ次回、Q&A最終回になります!


 Home