FC2ブログ

CHOCHOひかりかた流☆2012 PART1

2012/01/04 14:09
あけましておめでとうございます!
担当編集まさ女です。
12月はたさかんの感動のひらき道で終えた、この
ひらきかたスタッフブログ。
今年も(限られた期間になりますが)どうぞよろしくお願いいたします。

それではさっそく、蝶々さんからの愛たっぷりのメッセージ&アンサーをお届けする
CHOCHOひかりかた流☆ 最終連載を
2012年版と銘打ちスタートさせていただきます!
最初からQ&A形式でびゅんびゅんいかせていただきます

Q1
2012年ってどうやら大きな節目の時なのでしょうか?
いろいろなところで「アセンションが~」とか「世界が終わる~」なんて声を聞きます。私は霊感めいたものが無いので特にそんな予感も無いのですが…。
というか、アセンションとか良く分からないのですが…。
ぶっちゃけ、本当ですか?!
ひらき道の他に準備しておくべきことって、ありますか?
今年(もしくはしばらくの間)しておくと良いこと、控えておいたほうが良いことってありますか?
たぶん他の読者の方もそうだと思うのですが、オブラートにくるまれすぎていると
あたりがとってもやわらかくなる分、一般人には何があるのか分かりにくいし、
そして、ますます気になっちゃうんです~~。いけず!!いけずな姉さん!!
せめてヒントください。。。


蝶々A1
けましておめでとうございます!
2012年トップバッターの<ひかりかた☆>、新年のご挨拶に変えて、
特盛り!でお答えさせていただきますね♡

とてもタイムリーなご質問、ありがとうございました。
しかし、<姉さんいけず>じゃないですってばあ。
だったら、絶句や気絶(*^^*)から何度も起き上がって、こんな活動してないし……
と、新年から、ちょっと泣きそうになりましたよ(笑)。

先にはっきり言わせてください。
最近ふえてきた、このような質問を受けるとき、私は内心こう思っています。

(○月に、首都圏に、大きな地震がきて、たくさんの人が死にます!)
とか、私にも言ってほしいのかしら~……カンベンしてほしいです。
ネガティブな予言を、準備もできていない人に、ブログやネットで仁義なくリリースするほど、狭量でも浅はかでもないし☆
恐れやあせりで動いた人など、動いたあとも、どうしようもないって、もう知ってるし☆
はたまた、
(放射能があちこちにまき散らされて、隕石が落ちてきて、日本人滅亡!)
とか、言ってほしいのかなあ……甘ったれてるし失礼だなあ…。
そんなこと吹聴してるお顔も名前も何だかわからない人、インターネットを探せば、いくらでもいるんじゃないの?
なんで私に?
そこまで知能も波動も下げられないよ~。

―――――というCHO前提の上で、お答えさせてくださいませ。
(この程度の考えやポリシーであれば、公的活動をプロとしてされてる方なら、どなたにでもあるはずです。現代人は、その辺も含めて、いろんな情報を見抜いたり感じたり選別できるようになると、ずいぶんスッキリ世界や情報が読める、と思いますね)。


もちろん私だって、今年2012年は(も)、大きな節目だと思ってますよ☆

でも、そこで世界が終るわけではなく。
私たちの世界や暮らしの変化、そして新しい命たちは、これが、どんどん続いていくんですよね~。
だからこそ私は、<ひらいて光る☆が、おそらく最低条件。そして、一緒に新しい時代にゆきましょう☆ヘイガールズ!>と、著書でもセミナーでも、もう何年も語り続けているわけです。
ビジネスや遊びではなく、その場限りの癒しやごまかしではなく、『仲間たちや、未来に続くDNAこそが重要!』としびれるほど感じてるゆえの、本能的かつ、真剣な行動です。

なので、<世界が終わる!>と、顔も名前もよくわからないようなネットの幻影みたいなのに言われたり、簡単に揺らぐ人にこまごま説明を求められても……。
終るのは、単に、その人の世界じゃないですかね?(光・速・却・下☆バイバイキン!)としか言いようがないんです。

もちろん、全体の環境や磁場の変化による、いたしかたない仕組みや構造の変化は、私たちの生活レベルでも多々あるでしょう。
たとえば、全体の水が少なくなれば、代替品を準備したり考案したり、スムーズに分け合う仕組みをつくる。または、水が少なくても生きていける体に進化させていくか・・・みたいなね。
そんな中で、わかりやすく終わらざるを得ないのは、大企業の終身雇用や定額昇給制のような、古い仕組みや古い世界(もしかしたら制度としての結婚や戸籍さえ、含まれるかも…)。その前に、実のない労働や、マネー・ゲームのような不当な利益活動がパンク&ゲームオーバーとなるでしょう。そりゃそうでしょ!

そして、これまでそんな世界に骨の髄までどっぷりつかり、<お金を行動基準にしてきた人><自分で考えたり、ひらいて生きる努力を放棄してきた人><今の時点で、すでに首まで現代社会に埋まって、身動きがとれなくなってる人>は、もしかしたら今、ものすごくツライのかもしれませんね☆

そのような人々でも、<素心やシンプルな自分に素直にかえれば>、今からでも、何とかなるのでは?と願って活動しているんですが。人間、腹をほんとにくくれば、ひらく程度のことであれば、できるはずなんですよ。
あれも捨てたくない、これも嫌、不安だから、ってしがみついたり、変わらないための言い訳ばっかり探しているから、何も新時代対応できていないだけで。


……で、ご質問に戻ると、あとは、
<ひらきかた>の他に準備しておいたほうがいいこと、ですか。
こちらも厳しいようですが、<ひらきかた>がじつはきちっとできてない、追いついていない人ほど、そういうご質問をされる傾向があるように感じています。
ご自分の弱さや闇に、日々の中で地道に向きあいきれていないせいで、どうしても、自分の芯やかっこたるものができていない。
だから、何か起きるたびに不安になったり、心乱されすぎてしまう。
それゆえ、ネットで検索しまくって余計混乱してしまったり、もっと一発で楽になる何かはないの?!などと、何かあるたび意識が飛び散ってしまうんですね。
そのような方々は、今の世の中、とても多いみたい(お姿を拝見できれば一発ですが、文章ひとつでも、わかるんです)。

そんな方々におすすめなのは、<ひらきかた>にあることですが、
①近くやご縁の神社によく通い、心しずかになる時間を、なるべく多くつくる
②人間関係、心、持ち物、不動産など含め、余計なものは整理して、身軽に・シンプルになっておく
③インターネットや情報の、自分なりのリテラシー・基準について、再度、真剣に考えて、思いきって整理してみる
④『ひらきかた』と、続編『ひらきかたプレミアム』を、もう1度じっくり再読してみる。

(行間に込めまくってるサインやヒントまで、今こそ読み取ってくださいませ)

以上でしょうか?
焦っちゃうかもしれませんが、まず<ご自分の整理せいとん>が、本当に一番早いのです。よろしくお願いします☆



最後に、<アセンション>について。
(新年だし、時も時なので、大盛りです笑)。

私自身は、公私とも、その言葉を使ったことは1度もないと思います。
親しくしている国内外の仲間でも、その言葉を使って話す人に、これまで会ったことはありません。
<ひらきかた>にある“言霊パワーの秘密”のように、そのワードにのっかっている、安易な理解、弱さゆえの執着や誤解、みたいな、スッキリしないエネルギーが、気持ち悪いから、かもしれません☆

ただ、事実現実、世界というか地球そのものの次元は上昇し、どんどん変わっていると経験上、実感はしています。
同時に、CHOCHO活動においても、日常っぽい話に織り交ぜて、細胞入れ替えの体験やからだが光る☆この過程を、この2-3年“意図的に”リリースしてきたわけですから(旧感覚な人々の恐怖や拒絶心も、もちろん理解はできますが)。
世界の変化を前に、人間も根本×徹底的に魂進化していかなくては、追いつかないのね、とは重々感じているわけです。

それでも、以前にも書いてますが、<ひらき道>つまりは、<自分を浄化し見つめ、ひらいて正しく光ること>を本当にキチンとすすめていただいていれば、それも全員、自然な形でスルリ!とクリアしていけると確信しているんです。たとえ、出産のように、うぎゃー死ぬー、シンジラレナイ!みたいな痛みをともなうとしても!、不自然なことではないはず。それも多くの先輩たちが乗り越え、今につないできてくれた、自然の理・女子のパワーじゃないですか?

これだけはハッキリ言えます。
2012は<それぞれの明るいひらき道>を、これまで以上に、どうか真剣にあゆんでみてください
このご時世の中で、明るくスッキリした生活&心持ちの自分でいることは、それだけで十分な修行になると思います(笑)。
でも、それをキチッと続けて、どんどん楽になると同時に、さまざまに目覚めはじめている仲間は、全国あちこちに存在しています!
そして、そんな<同じ方向を見ている光ってる仲間や明るい情報>と、楽しく自然につながるように心がけてください
そうすれば、<2012年だって、大丈夫!>

お願いですから、そんな簡単に、まどわされたり不安にならないでくださいな。
どうか肩の力を抜いて、深呼吸をちゃんとして、無理矢理でもいいから、ニッコリしてみて
仮に、明日地震でどーんと揺れたって、形あるものが消えたって……それでもいつでも、いっしょに明るく可愛く進んでいきましょうよ☆

――というわけで、今年もよろしくお願いします。
このように、真実盛り盛りの新刊「ひかりかた☆(仮)」も、5月ごろ刊行の予定です。
ひので



2012.1.1 蝶々




いかがでしたでしょうか。
ラストに入り、より、スパートかかった感がありますね
心にしっかり留め置いていただけると嬉しく思います。
私自身も、読むたび、身が引き締まる思いです。
それとともに上にアップされている蝶々さんからの朝日の写真を
イメージとして頭にしっかり刻んでおこうかと。
それでは、次回更新もお楽しみに。

 Home