FC2ブログ

CHOCHOひかりかた流☆ Q&A プレオープン PART2

2011/10/10 22:10
こんばんは!
久しぶりに夜にブログを更新します、担当編集まさ女です。
今日は家族で高尾山に行ってきました。
山頂は、何?この人込み!? という状態で、思わず
ビール飲んでしまいましたが、
帰りのつり橋コースは、山の空気を満喫できました。
6歳と2歳の息子たちもがんばって歩いてくれ、
夫とともにみんな寝てます。夜、穏やかな時間をもてるのは
久しぶりです。。

さて、PART1UP時からさっそく、大反響、の新Q&A
またまたいかせていただきます!

Q3
一緒にいる人を怪我をさせたり傷つけたりしてしまいます。業だと思うのですが、業が深い場合も「ひらきかた」シリーズにある方法できれいに解消できるのでしょうか?もっと荒行を受けたりお払いにこまめに通うなどして清めていったほうがいいですか?


蝶々A3
はい。あなたが<ど~してもそれがやりたい!必要だ!>といてもたってもいられないくらい思うときは、きっと、されてみたほうがいいのだと思います。

ただ、浄化というのは、滝行や断食のような荒行だったり、誰かのコースをそっくりそのままマネてみたり、激しければ激しいほど清まる、というものではないんですよね(経験上)
特に荒行は、どうしてもあかないフタを突破するための、テコ入れ爆弾的に使ったり、私のようなモノカキ用の勉強やネタ用にはいいかもですが。力技は、必ずどこかに、ゆがみや反動が出てくるのも、また事実だと思うので・・・顧問とかSPとかいないと、私だって発信者としての調整が大変!
――なので私は、どんなディープな業をお持ちの方であっても、「ひらきかた」×「ひらきかたプレミアム」をコツコツ実行されていれば、基本的に大丈夫・イケル☆と思って出版しています。
それ以上のことはいらない!という意味では決してないですよ。
それ(自分の日々)があっての次ということ。<ひらきかた>を実行していることで、もし必要であるのなら、自然に、あなたにとって、さらに適切な道やガイドがやってくる、という意味。
つまり、自分自身がクリア&素直でOPENなっていくほどに、それ以上の何かが必要なときは、<受けるべきお祓い>や<行くべき場所>に、ふしぎと、見事に導かれるんですよ(あなた自身の状態や段階に応じて、最高に適切に!)
たとえば私にとって大きな意味があった、2004年のシャスタも、2007年の伊勢神宮、2008年の元伊勢さん、2009年の奄美大島の皆既日食や奄美とのご縁、ここ2年ほどお世話になっている顧問神主さんも、すべて、どこかの情報からひっぱったり、自分自身で探したわけではないんです(むしろ妙な思い込みや下調べを積極的に放棄。すっかり預けていました♡)
KYと呼ばれても(笑)、既成の情報や価値観をあまり気にせず、ナチュラル&オープンにハツラツ体当たりで生きていたら、しぜん呼ばれたり、見るにみかねた誰かが紹介してくれたり連れていってくれたりしたんですね。
そのガイドの適切さや縦横無尽さは、個人が我で考える範囲や、インターネットでの検索で知る知識を、はるかに超えています。
それをすっかり体で知っているので、私は、自分自身はクリアでニュートラルでいること、きたものをつべこべ言わず(なるべく)楽しむこと!に、日々全力をつくしています。そうすると間違いがないから♪
ご相談くださったあなたも、今はまず、自分の問題にご自身で気づき、苦しみ、もがく時期だったのかもしれないですね。
でもこうして、<なんとかしたい!>というお気持ちが出てきたことが、すでに大きな第一歩です!!
次は、実際の行動で、もっと積極的に、そして日々こまめに清められていってください。ポイントは、『それさえも、できるだけ楽しみながら!行きつ戻りつでも、明るく軽やかになっていく自分をイメージして!』です。大丈夫ですよ。できる!

☆老婆心ながらつけ加えると、あまりアングラだったり民間すぎたり、閉鎖された空間や団体は、私はおすすめしないです。
命を生み出しつないでいく私たち女子の本能やセンサーって、実際、めっちゃ鋭いんですよ~。
だから、どんなにご立派そうだったり偉そうなかんじでも、
<なんか暗い~?>
とか
<なんか重い~?>
とか感じるものは、避けていったほうが無難かと思います(まあ、そこで学ぶこともあるでしょうけど。昨今、だれにもそんなよけいな時間ないしね・・)
日本人の私たちには、やはり、すっきりさっぱりしたご縁の神社に通うことが、コツコツとでも、正しいコースに乗せてもらいやすい気がしますね。


いかがでしたでしょうか?
引き続き、Q5まで随時アップしてまいりますので
お楽しみに!

それでは、今日はとりあえず、ここまでで
おやすみなさい
 Home