FC2ブログ

たさかんのひらき道 3

2011/09/07 16:41
みなさん、こんにちは!
まさ女さんにつるんとむけた感じと言われて
非常に嬉しいたさかんです

前回の「ひらき道 再開」で
あんまり間を置かずにご報告します……と言ったのが
すでに小さくプレッシャーになりつつ、
ですが、お話ししたいことは山ほどあるので
とりあえず、できることからコツコツと。

今回は2月の新刊企画スタートの頃まで話をさかのぼらせていただきます。
「ひらきかた」のお手伝いを終えて、
ひらき道を突っ走るぞ~! なんて、やる気満々だった私でしたが、
日々の生活のなかで、徐々にやるべきことを忘れていってしまいました。

水を飲む、なんかは習慣になりましたが、
部屋のファブリック類をまめに洗濯したり、
酵素が摂れる食事を作ったり……
そういうことをしなくなってました。
気づくとホコリだらけの(気のせいか、ちょっとかゆい気もする)
部屋で寝起きし、
外食ばかりの生活になっていたころ……

宙出版のまさ女さんから
「『ひらきかた』の第2弾、やりたいんですけど、またお手伝いお願いできます
か?」
とのご連絡。

「『ひらきかた』では、めいっぱい自分の知りたいことを詰め込んじゃって、
読みづらかったりわかりにくかったりしたところがあると思ったんです。
それに、何をすればいいのかしばらく経つと忘れちゃって
なかなか続かないっていう人にも、わかりやすい本を今度は作りたいって
蝶々さんと言ってるんです」

それを聞いて、即座にイエス!と答えました。
だって、私のためのような本じゃないですか。
それに、きっと私みたいな人もいっぱいいるはず……

というわけで、『ひらきかた第2弾(仮)』に心血を注ごう!
鼻息も荒く新企画をスタートさせたのですが、
神様……いえ、蝶々さんは、心身ともにたるみきった私に
さらなる試練……いえ、チャンスを与えてくれたのです。

そう、まさ女さんのブログにもありましたが、
同時期に発売された小学館さんの『大丈夫!』のお手伝いも
一緒にさせていただけることになったのでした。

そこからは濃密な「ひらき道」の日々でした。
蝶々さん、小学館の担当さん、まさ女さんと
何度もお会いして、たくさんお話を聞く日々。

以前お話した「蝶々さんと会うたんびにできるおっきい吹き出物」が
だんだん出なくなり始めたころ(好転反応?)、
自分ではまだあまり気づかなかったのですが、
きっと変化が起こっていたんでしょう。
蝶々さんに「なんか、スッキリピッカリしてきたね~。たまひよって感じ」
と言われるようになってました。

そんなこと言われたら、やる気になりますよね。
そんなこんなで、
本づくりのお手伝いをしつつ、
自分自身をひらきつつあった頃。

3.11が起こりました。

またそのときのお話は次回に……。
 Home