FC2ブログ

つながる偶然=必然!?

2011/09/02 11:27
おはようございます!
担当編集まさ女です。
ひらくってどういうことか、わからない!
人に心を開くのをむやみにやってもあまりよくない結果になってしまう。

というような質問をいただきました。


あまり、自分が意識して「ひらこうひらこう」と思うと
逆に、「ひらく」という言葉に固執してしまい
意味が違ってきてしまう恐れがある気がします。
まずは、あくまでも、毎日のことをきちっとやること。
身の回りを少しでもすっきりさせようと努力すること。

不思議な偶然や、はっとするタイミングで
ことが来るという経験、ありませんか?
そういう偶然があったときに
あ、これって意味があることなのかな?
と考えていく
のがいいのかもしれません。

うまく説明できないかもしれませんが参考までに、私の経験を・・。


昨年6月頃より、「ひらきかた」の制作本番に入り
蝶々さんにインタビューを行なっていきました。
初めの頃は蝶々さんに
「おりてくるって何?」「つながるってどういうこと?」
なんで?どうして?どうすればいいの?と
蝶々さんを「なんでわかんないの!?」と時折怒らせつつ
(だって、わかんないし!)と、しつこく質問しておりました。

が、あがってきた項目を自分でも少しずつ実行するうち
おやっというような出来事がちらほらとでてきましたー。

8月に、作家の竹中恭子さんを中心とした集いに参加したときに、
ちょうど、宙出版の近くに知る人ぞ知るというような神社があることをきいたり、
9月、「ひらきかた」追い込み作業のとき、
仕事後、子供の予防接種を予約していたのが
間に合わなくなったものの、小児科の連絡先もわからなくて、
ああ・・キャンセルの電話しなきゃ、どうしようと思いつつ
バスに飛び乗ったらその小児科の広告がバスの中にあったり!


極めつけは昨年10月
蝶々さんが、昔からの共通の友人「みわクリニック」のみわ院長主催の
乳がんイベント(in熊本)で講演をしたときのことです。
次の日の予定が決まりきっていなかったのですが、
蝶々さんに行ってみるといいよと、いわれていた神社がありました。
ただ、車でないと行けなくて、どうしようかと思っていたところ
打ち上げで、急遽参加したフジテレビアナウンサーの
松尾翠さんが、たまたま、同じ神社に行く予定だと伺い・・!
一緒に行かせてもらえることになりました。
しかも連れて行ってくれるのが、熊本の政治家の方(ご夫婦)で、
その方たちもたまたま、その日だけがあいていて、
その神社のあととり?(職は禰宜だそうです)の方と代議士の方が高校の同級生で、
神社に行ったらまた偶然にも、普段はいらっしゃらないその禰宜さんもいらっしゃって、
お家にまで行かせていただんです。
そこで、神社の深いお話色々伺うことができまして
(ちなみに、背中にバッタがついていたのもその神社)。

ああ、つながるってこういうことなんだな・・・と思ったのでした。
でもでも! そいういうときって、自分がニュートラル(ひらいて)る状態だと思うのですが。
逆に、これってつながる? これって導き?としつこく思ってると
案外見当はずれだったりするんですよ
あまりそこ(それがつながってるかどうか)に固執しないほうがよさそうです
結果オーライで


というのが私の経験でありますが、
色々なパターンがあると思いますので
また皆様のご意見もおきかせくださいませ。

それではまた!






 
 Home