FC2ブログ

【あなたのひらき道】第2回目発表★ PART1

2011/03/03 10:41
おはようございます!
担当編集まさ女です。
今日は桃の節句ですね
私の家は息子二人なので、ちゃんとしたお雛さまはないものの
(チロルチョコおひなさまセットで代用(笑))
保育園はすごい盛り上がり用で、こちらもつられております
お菓子屋さんやコンビニでも、
ひなまつりを意識したスイーツが並んでるので
帰りに買って帰ろうかな♪


さてさて、お待たせしておりました
【あなたのひらき道】PART2の発表です~!

一人目は、やはり息子さんの2人いらっしゃるさん。
お手紙でいただきました!

「蝶々様。
いつも本当にありがとうございます。
本当に助けられています。
私は幼少期から20才くらいまで父親から暴力や支配による虐待を受けて育ちました。今は2人の男の子をもつ39才の主婦です。10代20代とあまりにも生きていくことが苦しく絶望の日々でした。父親のことも恨んでいましたが、このままでは自分がしんどいと気づき、“うらみ”を手放そうと決意したのが32才の時でした。
その時からすぐにたばこをやめられたのが不思議でした。もう私は虐待から立ち直ってるんだと思っていました。でも違うということに最近気づきました。まだ怒りや抑圧された感情が体内の中にあったのです。そして、そこから引き寄せる現実が…。
「ひらきかた」を読んで、せきが1か月半止まりませんでした。浄化しないといけない、人生が終わっちゃうよ~ という気持ちでいます。私が本当にやりたいこと、楽しいこと、自由なことをやろうと思うようになりました。自分で勝手に無理だろうとか、人の目を気にしたり、自分の意見を人に言ってはいけないとか、いろいろしばっていたと思います。自由に本当にやりたいことをやろうと思います。
せきは止まりましたが、今度は足首がもぞもぞしたり、左のまぶたがピクピクします。何か関係ありますか?
怒りや悲しみ、つらさ、今まで抱えてしまったものにさよならして、私の魂をピッカリ光らせますね。
蝶々さんの本やいろいろな活動、これからも楽しみにしています。感謝しています。」


Jさんに対する蝶々さんの診断は…

診断4
ひらき度50%

おめでとうございます<ひと山>越えて、ひらき道本番スタート!

Jさんへ
まず、Jさんのお手紙と、同封してくださったイケメンくん♡たちとのお写真が、とても印象的でした。自分の<山>を乗り越えた人、そして命と魂をごまかさず、愛を持って一生懸命生きてる人特有の、生命のほとばしりというか細やかなキラキラ☆が親子3人を取り巻いているように見えるので。しばらく女子アゲ↑手帳に挟んで『がんばれー』と気を送ってましたよー(笑)。素敵なお写真ありがとうございました。

ひらき道をはじめると、以前も触れましたがデトックスによる、さまざまな形の心身現象とともに、道筋や思考の“もや”もとれてくるので、逆に、それぞれの<山>=<越えなきゃ次のステージにいけない課題>がはっきり見えてきます。
Jさんの場合は、それがお父様との関係だったのですね。
大人になったりご自身も親になり、<うらみ>や<被害者意識>を手放すと、視界や思考もクリアになり、物事の真理や道理も正しく見えてくるかと思いますが・・・<本来ならば、可愛いに決まっているわが子に対してつらくあたってしまう親自身>も、また、誰かや社会の被害者なのですよね。
いつまでもそれを親個人の罪のように責め立て、えんえんと続いていく家系のループにするのではなく・・・J子さんのように、思い切って<手放す><許す>ことが、じつはその業の連鎖を断ち切り、自分自身がすっきり新しくなれ、身内に純粋な愛を届けていける、1番かしこい<ひらき道>なのです。
ちなみに、私の友人たちも、伊勢神宮にガイドすると、みな前日の夜から足がかゆくなったり、まぶたがけいれんしたり、はげしく下痢したりしはじめますよ(笑)。
そのように、Jさん本体が心からひらいて、何かを芯から手放すことができれば、Jさん自身の波動があがるんですよ。
すると、その体内調律の高さに、これ以上くっついていられない<変なものたち>が、居心地が悪くて、からだの各所からさまざまな形で出ていくのでしょう。
できれば、それらは、数か月に1度でよいので、近くの神社でまとめて祓ってきてくださいね♡神さまの力もお借りして、スッキリきれいに昇天させてやりましょう!
Jさんの、素敵なママ道×ひらき道本番、息子さんたちの成長とともに、これからが楽しみですね。わたしも応援してまっせ(^O^)/」


Jさん、がんばられてきましたね。
どうか、そのまま浄化を続けていってください!

PART2に続きます



 Home