FC2ブログ

たさかんのひらき道 8

2011/12/21 00:27
みなさん、こんにちは、たさかんです。

巷はクリスマス直前ですが、いかがお過ごしですか。
クリスマスもイルミネーションもなんのその。
この「ひらき道」はまだ夏真っ盛りです!

さて、大阪のセミナーのあと、
7月末から念願の奄美大島に行ってまいりました。
蝶々さんを追いかけて奄美まで原稿を取りに行ったまさ女さん
遅れること3日。

ウキウキと南国バカンスな気分で、
ちょっぴり派手メイク&
普段仕事場には付けていけないドでかいピアスやアクセサリーをして、
奄美空港到着。

大阪のセミナーでお会いした「奄美のおかあさん」と、
まさ女さん+ちびっ子2人が迎えに来てくれていました。
奄美のおかあさんの家に着くと、奥から蝶々さんが、
すっぴんで、しかも可愛い作務衣みたいな家着姿
「いらっしゃ~い」と出てきました!

そして、私の姿を見るなり、
ここでそんなのダメダメ! ほら、おっきいピアスも外して!」と。
蝶々さんにそう言われ、
そっかー。そういうのも忘れてゆっくりするために、
(そしてさらに「ひらく」ために)来たんだったなあ
」と
当初の目的を思い出しました。

部屋に荷物を置いて、ピアスを外して、普通のTシャツ短パンになると、
もうなんだか「スッコーン!」と爽快!!
自分のなかに溜まっていたモヤモヤが
ぶわっと流れだし、
代わりに南国のゆるやかな空気と、
あっつーい太陽のおかげか
エネルギーに満ちた自然のパワーが流れ込んでくるような気がしました。
2011-07-28 16.02.47

女子3人で、
奄美のお母さんの作ってくれる滋味あふれる料理を食べ(おかあさんは、家庭菜園もやってるんです)、
2011-07-28 18.34.23
朝・昼・夕方と、すぐそばにある砂浜から海に入り、
ちびっ子たちと遊び、
ちょっぴり仕事をし、本を読み、
夜は早い時間に寝て……

蝶々さんは、
これからは、こういうふうに女性たちがコミュニティを作って、
子供を育てていく、そんな社会がくるよ、きっと

とおっしゃってましたが、
本当に、太古にあったと言われる女系社会も
こんな感じだったのではと思えるほど、
しっくりくる日々でした。

そして、なんと言っても最大のハイライトは、
夜中に屋上で見た星・星・星!!
ほとんど明かりのない奄美で見る夜空は漆黒で、
そこにまるでゴミやホコリのように(喩えがひどすぎる…)ちりばめられた星々は、
圧巻でした!

そして、おかあさんと蝶々さんとまさ女さんと4人で、
屋上にゴザを敷いて寝っ転がって
ものすごい星空と、流れ星を見ながら、
今自分たちがここにいる意味や、これからのことなどとりとめもなく話しつづけているうちに、
徐々に東の空が白みはじめ、
今度は、あまりにきれいで目を離すことができない
日の出のショーが始まったのでした。
2011-07-28 05.27.07

この夜~明け方のことを思い出すと、
今でも無性に奄美大島に行きたくなります。

基本的に、恐がりで慎重な人間なので、
宇宙やら深海やらに行きたいなどと考えたことはありません。
なので、宇宙の神秘地球の神秘についても
それほど考えたことはありませんでした。
でも、この体験で、宇宙の始まりや、宇宙の中での地球の意味
そのなかにいる自分の意味
色々と考えさせられました。
よく、そういった体験をすると
自分の存在が、悩みが、とてもちっぽけに感じられた」という感想を聞きますよね。
私もいったんはそういう気持ちになりました。
でも、ずっと空を見ているうちに、
巡り巡って、やっぱり自分がここに生まれ、ここにこうしている意味に戻ってきました。
広大な宇宙にあって、やっぱり自分はちっぽけな存在です。
だからこそ、自分のことは、自分が一番大事に考えてあげなきゃ、とも思いました。
それができて初めて、皆に自分のパワーや愛を分け与えることができるんだ、とも。

でも、蝶々さんやみんなで見ていたからそう思えたのかもしれません。
実は、次の晩も、同じ体験がしたくて、
独りでこっそり屋上に上がったんです。
けど、独りであの星がいっぱいの夜空を見てると
本当に自分が宇宙に吸い込まれてどこかに消えてしまいそうで、
怖くて3分ともちませんでした。

(実は、大学生の頃、真っ昼間に、UFOを見たことがあり、
それもあって、「ここに独りでいたら、宇宙人にさらわれてしまうかも」という思いもありました笑)

なにはともあれ、
奄美大島にステイさせていただいたおかげで、
仕事も震災も家のことも、
とりあえずいったん何も考えずに気持ちをリセットし、
やる気に満ちあふれた状態で都内に戻ることができました。

奄美のおかあさん、蝶々さん、まさ女さん、
ありがとうございました
そして、「ひらき道」におつきあいくださった皆さん、
ありがとうございました

「ひらき道」を通して、
ひとつの気づきがさらに次の気づきを呼ぶ、ということが実感としてわかりました。
また、日々の営みをきちんとしていくということが大切だということも。
そして、それでも何かモヤモヤが溜まったら、
奄美大島じゃなくても、どこか近くの公園でも神社でもいいので、
とにかく場所を変えてみるというのが大事だということも。

それでは、みなさん、これからも、がんがんひらいて光っていきましょう!
光ってる女子は無敵です
スポンサーサイト