FC2ブログ

【あなたのひらき道】3回目発表! PART2

2011/03/31 10:08
こんにちは。
まさ女です。
今回のひらき道発表、ちょっと長めです。

届いたお便りを読み、切実さが伝わってきました。
恋愛(不倫のお話含め)、これまでにも、いくつかいただいています。
こんな時だから余計に、絆が重要になってくるのかも。

匿名希望の方ですが、呼びかけにくいので
Aさんとさせていただきますね。
では、スタートです。

「蝶々様

今回は勇気を振り絞って、お尋ねしたいことがあり、応募させていただきます。
付き合って3年になる不倫関係の男性がいます。
今、彼と別れることを悩んでいます。
(もうこの時点で全然ひらけていないと思います・・・ごめんなさい・・・)

私は子供のころから、愛されたくて甘えたくて寂しくて、いつもそんな満たされない想いを抱えて生きてきました。
父はいわゆる「だめんず」で、いつも泣いてる母の背中を見て育ちました。
高校生の時に両親が離婚し、子供たちは母方に引き取られました。
父はその後蒸発しました。
両親の離婚など珍しいことではありませんし、私が単に甘くて弱いのだと思うのですが、私の中では大きな影になってしまいました。

母の死後、私は派遣社員をしながらなんとか一人で生計を立てていました。五体満足の女である以外、何の武器もない私は必死で磨きました。
30の女盛りでしたし頑張った甲斐もあり、男性からのお誘いも増えました。
そんな時に、彼に出会ったのです。
罪悪感はありませんでした。
彼からの愛とか思いやりとかも求めていませんでした。
ただ、あこがれの男性のそばにいたかったのです。
ですが、そんな幸せな時間はほんの数か月で、それからは、何度も何度も悩みました。
別れようとして2か月以上こちらから連絡をしなくても、偶然街中で会うようなことが2度ありました。
他の男性とデートをしてみても、交際を求められても、どうしても彼と比較してしまい、結局彼に戻ってしまうのです。
あきらめて、自分の想いを受け入れ、日陰の女でもなんでもとことん付き合おうと去年覚悟しました。

その覚悟の3か月後に「ひらきかた」が出版されたのです・・・

実践していくうちに彼が以前にも増して頻繁にコンタクトをとってくるようになり、私の願いをきくようになり、セックスをしても今までとは考えられないくらい感じるようになり、快楽が何倍にもなりました。彼も同じだったらしく、無邪気に喜んでいました。
ですが、一人の時の孤独は恐ろしいほど寂しいものになりました。
全ての感情が、信じられないくらい深いものになり、快楽と孤独は天と地ほどの差になり、会うたびに壊れそうなほど自分が揺さぶられるようになりました。
そして、あの震災の後に抱かれた時に、快楽と同時に「ああ、自分は愛されてはいないのだ」と心底わかってしまったのです。
そして、初めて彼の奥様に申し訳ないと思いました・・・このような震災の後、好きな人や家族と一緒にいたいと思うのは誰もが同じだと思ったのです。

今まではどこかむなしくても、せめて温もりを感じたくて彼に会っていました。
あこがれも、もう色褪せていましたが、見ないふりをしていました。
別れるべきなのだと思うのです。
でも怖いのです。
体だけでも大切にしてくれる人、抱きしめてくれる人、そんな人は今までいませんでした。
もし、彼と別れても他の男性と出会う確証などどこにもないではないか・・・と・・・
誰からも、体すら必要とされない恐怖は、すごいものです。

でも、体の快楽よりももっと欲しいもの、漠然としたものですが、それに気づいてしまったんです。
今私は、初めて「家庭を持ちたい」と思うようになりました。子供のころにシチューのコマーシャルを観て、心底羨ましかったのを思い出したのです。

もう35になりました。
今からでも求めていいのでしょうか。手に入るのでしょうか。
このような不倫をしてきた私がそれを望むなんて罰当たりな気もするんです。
私は誰かを愛して、愛されるのでしょうか。
ひらくとか正直わからないのですが、私の中で何かが大きく変わりつつあるのです・・・そして、蝶々さんにどうしても尋ねてみたかったのです・・・
なんだか極めて個人的で大したことないかもしれないのに、重くてごめんなさい>0< 」


蝶々さんからいただいた診断&アドバイス、以下になります!

診断7
ひらき度60%

準備は最終段階まできてます。
仕上げをしっかりして、自信を持って、理想の愛へ、一歩踏み出してください!!


Aさんへ。

たいしたことあります(*^_^*)/
今、全国の仲間のみなさんが、生き方の根本から揺さぶりをかけられているこのとき。
現れ方はさまざまでも、同様に、直面している課題のように感じます。
たとえば、実際私の友人・知人でも、この2週間の間に、離婚と結婚を決めた方が、3組もいます。(この期に及んで、もう、自分の魂に嘘はつけない。残されている人生を、自分に嘘ついたまま生きたくない!!)というわけですね。
だからAさんも、勇気をふりしぼって、私&ひらき道ブログに問いかけてくださって、ありがとうございます♡

まず、人間には、それぞれ生まれてきたときに初期設定で与えられている、課題や穴、のようなものがあります。
業とかカルマともいえますが、私には、視覚的には<穴>に見えることが多いんですよね(その傷口や欠損に、それっとばかり、よからぬエネルギーがうずまいて乗ってくるのね、それで腫瘍やイボイボをつくる・ヤあね!)。
だから、ひらきかたをはじめると、まず、そこが痛んだりうずきはじめ、心身感情ともに、デトックス作用がはじまります。
そして、そこから本当の修復がはじるんです。
そして、キツイようですが、その修復をすませてからが<光の一人前>というか・・まざりっけなく人のために本当に何かできる段階・資格がある状態、と私は思います。

Aさんの場合。
まず本能で、<無条件に愛されたい・自分の父を許したい>という穴や傷を埋めるため、彼とつきあったのだと思います。
常識にそむいていても、それも必要な過程だったのだ、と私は思います。

良かったのは、Aさんはこの震災前に、<ひらきかた>を進めてくださっていたこと。
だから、不倫の彼に対するめまぐるしい感情の流れも、とても正しいコースです。
浄化をすすめていたからこそ、
本当に感じる喜びを知り、本当の彼をみた、のだと思います。
そして、<本当にこれから自分が欲しているもの、自分が行くべき場所>を、今、わかったのだと思います。(感激的ですよ~私も、ついもらい泣きしちゃったもん)

とはいえ、この先、古い感情や古い習慣が、まだ、あなたを迷わせたり悩ませることもあるかもしれません。旧世界が流布してきたルールからの、罪悪感?思いこみ?のようなものが、あなたを苦しめることもあるかもしれません。
それでもなんでも、今このときだからこそ、Aさんがすべきは、
今回のことで、自分の芯のところに生まれた光、魂の声のようなもの・・
それに従って、力強く自分の<ひらき道>をすすめること!

その先に、そして遠くない将来に、Aさんが望みものは、必ず得られますよ~。
彼には<その段階の私を愛してくれて、役を果たしてくれてありがとう>と感謝だけを持ち、これ以上はすっきりサッパリ、求めないことです。
怨む必要はないですが、この先のあなたに必要なものは、彼からは、出てこないと思います。

ポン女革命!より、になりますが(笑)、やっぱり女はへそ力。
Aさんも、へそ決めて、ますますひらいてくださいねー☆」


Aさん! 
大丈夫、ばっちりひらき途中だそうです!!
心から願っていた理想の図、はやく実現されますように

スポンサーサイト